日本郵便は31日、販売前の切手シートに印刷ミスが見つかり、計100万枚の発売を9月1日から10月23日に延期すると発表した。光に当たると絵柄が変色する可能性が高いという。委託先の印刷会社の不手際で、日本郵便は損害賠償の請求も検討している。

 延期するのは「2020年夏のおたより郵便葉書 特別小型切手シート」で、63円と84円の計2枚がセットになっている。販売窓口となる郵便局から8月19日に「絵柄の青の部分が緑に変色している」と指摘があり、発覚した。