茨城県の常磐自動車道で昨年8月に起きたあおり運転殴打など三つの事件で、強要と傷害の罪に問われた会社役員宮崎文夫被告(44)の論告求刑公判が31日、水戸地裁であり、検察側は懲役3年8月を求刑した。弁護側は執行猶予付きの判決を求め、結審した。

 法律上の明確な定義がなかったあおり運転を「妨害運転」と規定し厳罰化した改正道交法施行前で、異例の強要罪が適用された裁判の判決は、量刑が注目される。

 検察側は論告で「一歩間違えれば被害者が衝突事故を起こすなどして命を落としかねず、危険で悪質だ」と指摘した。

 宮崎被告は「日本中を恐怖の渦に巻き込んだ責任を痛感」と述べた。