安倍晋三首相の辞意表明を受け、自民党の各派閥、グループが31日、後継を決める総裁選に向け意見集約を本格化させた。竹下派や谷垣グループは昼に会合を開催。二階俊博幹事長は、与野党幹事長・書記局長会談で臨時国会召集と首相指名選挙へ向け理解を求めた。

 菅氏は9月1日の党総務会で総裁選日程を決めた後、立候補補表明する方針を固めた。関係者が明らかにした。岸田氏は31日、首相と面会するため官邸を訪れた。引き続き党内実力者と面会し、支援を要請する。石破派も会合を開く予定。党内最大の細田派は午後に派閥会合を開催。竹下派参院側は関口昌一党参院議員会長への対応一任を決めた。