福岡市中央区の商業施設で、アルバイト吉松弥里さん(21)が刺殺された事件で、県警が銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した自称無職の少年(15)=住所不詳=が、施設内で女児(6)に馬乗りになっていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。直後に施設の警備員らが少年を取り押さえ、女児は無事だった。

 少年は「逃げようと思った」とも供述しているという。中央署捜査本部は同日午後、少年を銃刀法違反容疑などで送検。

 複数の捜査関係者によると、少年は血の付いた包丁を手にした状態で、施設1階を徘徊。吉松さんを刺した後とみられ、逃げようとして転倒した女児に馬乗りになったという。