マイナンバーカード所有者を対象に、買い物などで利用できるポイントを還元する総務省の「マイナポイント」事業が9月1日から始まる。電子マネーのチャージ(入金)や、スマートフォンのQRコード決済で買い物すれば、累計で1人当たり最大5千円分のポイントを受け取れる。来年3月まで。

 消費税増税対策として6月末まで実施したキャッシュレス決済のポイント還元の後継事業。マイナンバーカードの普及率は8月23日時点で19・1%(約2424万8千枚)と伸び悩んでおり、政府は普及率向上にも期待する。