東京都は30日、新型コロナウイルスの感染者が新たに148人報告されたと発表した。直近7日間の平均は1日当たり197・7人となり、200人を切ったのは7月16日以来で約1カ月半ぶり。重症者は29日から2人増の34人。死者は60代と70代の男性が報告され、累計は360人となった。

 新規感染者のうち、20代が41人、30代が37人で全体のほぼ半数を占めた。40代は23人、50代は16人。経路が判明した60人のうち、家庭内感染が25人に上った。既に数人の陽性が判明している特別養護老人ホームで、新たに入所者と職員計4人の感染が確認された。