大型で強い台風9号は30日、フィリピンの東を北寄りに進んだ。31日には「非常に強い」勢力に発達し、9月1日にかけて沖縄に最接近する見通し。一部の住宅を倒壊させるような暴風、うねりを伴う高波、高潮に厳重な警戒が必要になる。猛烈な雨による土砂災害や浸水の恐れもある。

 気象庁によると、台風の勢いは沖縄接近時に中心気圧935ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル(時速252キロ)に増すと予想されている。旧盆の帰省時期だが、空のダイヤは大幅に乱れそうだ。沖縄を通過した後は2~3日にかけて九州に接近する見通し。