世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは29日に開幕し、フランス南部のニースからニースモワイヤンを周回する第1ステージ(156キロ)は、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー)が3時間46分23秒で制した。

 107回目となる今大会は新型コロナウイルスの影響で約2カ月遅れで開催。選手と、観客やメディアの接触を極力少なくするなどの感染防止策を講じ、9月20日のパリのゴールまで計21ステージの実施を予定している。(共同)