【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは29日、ウィスコンシン州で起きた警官による黒人男性銃撃事件への抗議のため中断していたプレーオフを再開した。同州ミルウォーキーに本拠を置き、ボイコットの発端となったバックスがマジックと対戦した。

 両チームの選手らは試合前に「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」と書かれた黒いTシャツを着用し、国歌演奏の際には片膝をついた。NBAのファンとして知られ、28日に死去した黒人俳優チャドウィック・ボーズマンさんらに黙とうをささげた。