2日午後9時45分ごろ、新大阪発東京行きの東海道新幹線「のぞみ460号」が、新富士―静岡間を走行中、線路内に立ち入った人と接触した。

 JR東海によると、事故の影響で、東海道新幹線の上下線で一部区間の運転を見合わせたが、事故から約2時間45分後の3日午前0時半ごろ、再開した。乗客にけがはないという。

 静岡中央署によると、現場は静岡市葵区の東海道線東静岡駅から、西に数百メートルの線路内。服装などから、はねられたのは男性とみられ、その場で死亡が確認された。同署が身元や当時の状況を調べている。