競泳の東京都特別大会第1日は29日、東京辰巳国際水泳場で行われ、白血病で長期休養していた池江璃花子が女子50メートル自由形で約1年7カ月ぶりのレースに出場し、26秒32で5位に入った。自身が保持する24秒21の日本記録には遅れたが、10月の日本学生選手権の参加標準記録26秒86を上回った。

 男子200メートル自由形は萩野公介が1分48秒95でトップだった。女子100メートルバタフライは長谷川涼香が57秒49で1位、大橋悠依が2位。

 ドーピング違反による資格停止期間が5月で終了した古賀淳也は、非五輪種目の男子50メートル背泳ぎを25秒04で制した。