【ワシントン共同】米公民権運動の黒人指導者、故マーチン・ルーサー・キング牧師が57年前「私には夢がある」と演説したワシントン大行進を記念した28日の集会で、数千人の参加者は、警官による黒人への暴行や銃撃事件が相次ぐ中、具体的な差別解消策を示さずに「法と秩序」ばかりを強調するトランプ政権に抗議の声を上げ、最後に首都を行進した。

 キング牧師が1963年に立ったワシントン中心部のリンカーン記念堂で、孫娘のヨランダさん(12)が「私たちの世代で人種差別を終わらせよう」と訴えると、聴衆から大歓声が上がった。