【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は27~28日、ベルリンで非公式外相理事会を開き、ベラルーシのルカシェンコ大統領が6選を果たした際の不正や抗議デモ弾圧を巡り、EU渡航禁止と資産凍結の制裁を「高い政治レベルの人物」ら約20人に科すことで合意した。対象者は近く発表される。

 EUのボレル外交安全保障上級代表が28日の記者会見で明らかにした。制裁対象にルカシェンコ氏を含むか否かは言及を避けたが、政権側が弾圧を続ければ制裁対象を拡大する構えを示した。

 また、ベラルーシを影響圏と見なすロシアに対し「人々の民主主義的な願望を尊重しなければならない」と述べた。