【ロサンゼルス共同】米大リーグは28日、初の黒人選手として1947年にデビューし、人種の壁を打ち破った故ジャッキー・ロビンソン選手の功績をたたえ「ジャッキー・ロビンソン・デー」を実施した。

 大リーグではウィスコンシン州ケノーシャで黒人男性が警官に背後から銃撃された事件に抗議するため、26、27日に計10試合が延期された。28日もヒューストンでのアストロズ―アスレチックス戦が試合開始直前に延期となった。両チームの選手や監督らはロビンソン選手の現役時代の背番号42のユニホームを着用して一、三塁線に沿って黙とうした。