【ワシントン共同】人種差別撤廃に取り組んだ米公民権運動の黒人指導者、故マーチン・ルーサー・キング牧師が「私には夢がある」と演説したワシントン大行進から57年となる28日、人種間の融和を訴える集会が首都ワシントン中心部で開かれ、米メディアによると数千人が集まった。

 警官による黒人暴行死や銃撃事件が続発し、全米で抗議が続く中、参加者らはキング牧師が演説したリンカーン記念堂を舞台に、誓いを新たにした。

 主催団体を率いる黒人運動指導者アル・シャープトン師は演説で、キング牧師暗殺を念頭に「夢見た人を殺したかもしれないが、夢を殺すことはできなかった」と強調した。