【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)が、アプリの有料機能で、売り上げの30%を米アップルが徴収することを表示しようとしたところ、アップルが認めなかったことが28日、分かった。アプリ販売市場を巡って、両社は対立を深めている。

 FBは今月14日、米国などで有料のオンラインイベント機能を導入すると発表。新型コロナウイルスで苦境に陥った中小企業やクリエーターを支援しようと、アップルに手数料の削減を提案。しかし、アップルが拒否したため、FBはアプリ内に手数料を表示する承認を求めていた。アップルはアプリの審査で「アプリの機能に無関係だ」と指摘。