安倍晋三首相の28日の辞意表明を受け、全国の知事からは政府に対し、空白を生むことなく新型コロナウイルス対策に取り組むよう求める発言が相次いだ。

 福岡県の小川洋知事は政府に「コロナ対策や災害復旧・復興のかじ取りを引き続きしっかりとお願いしたい」とする談話を発表。岩手県の達増拓也知事は「野党を含む『挙国一致内閣』をつくるのに良い機会だ。コロナ対策のため国会を常時開会しておくべきだ」と訴えた。全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は、感染拡大に伴う緊急経済対策として国から自治体に3兆円の臨時交付金が配られたことなどに謝意を示した。