国民民主党の小沢一郎衆院議員は28日、安倍晋三首相の辞意表明を受け「安倍政権は国民でなく、自分たちのために仕事をする国家行政を完成させた」と非難する談話を発表した。森友、加計学園問題を挙げ「権力の私物化に関わるさまざまな事件について、真実を究明する必要がある」と訴えた。

 同時に「安倍政権は国の倫理観・道徳心を破壊した。一日も早く国民の命と暮らしを第一に考える政権をつくらなければならない」と政権交代を目指す姿勢を強調した。