第5管区海上保安本部(神戸)は28日、和歌山県太地町でイルカなど小型鯨類の追い込み漁が9月から始まるのを前に、イルカを運ぶ漁船の航行を反捕鯨活動家の小型船が妨げたとの想定で、警備訓練を同町の港で実施した。

 5管は漁期に、臨時駐在所を同町に設けている。訓練には約40人が参加。停船命令を無視して逃げる小型船を、ゴムボートやヘリコプターで追跡。小型船を停止させて乗り込んだ海上保安官が、反捕鯨活動家の役を務めて抵抗する保安官を取り押さえた。

 太地町ではこれまでに、イルカのいけす網が切られたり、捕鯨の記念碑が壊されたりする被害があった。