安倍晋三首相が28日に辞意を表明し、自民党の後継総裁選びが事実上スタートした。9月中に総裁選を実施。直ちに臨時国会を召集し、新首相を選出する見通しだ。「ポスト安倍」候補のうち石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長、下村博文選対委員長、野田聖子元総務相は28日、記者団に対し、出馬に前向きな意向を示した。このほか、菅義偉官房長官や茂木敏充外相、河野太郎防衛相、西村康稔経済再生担当相、稲田朋美幹事長代行らも取り沙汰される。

 自民党則により、後継総裁は安倍首相の残り任期を務める。来年9月には再び総裁選を実施する方向。新首相が解散・総選挙の時期をどう判断するかも焦点だ。