建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み肺がんになるなど健康被害を受けたとして、神奈川県の元労働者と遺族ら64人が国と建材メーカー43社に計約17億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(村上正敏裁判長)は28日、国とメーカー3社に対し、計約9億5千万円を支払うよう命じた。

 判決は、国とメーカー2社に計約3億円を支払うよう命じた2017年10月の一審・横浜地裁判決を変更して賠償範囲を拡大し、「一人親方」と呼ばれる個人事業主に対する国の責任も新たに認めた。

 全国9地裁に千人以上が提訴した「建設アスベスト訴訟」で高裁判決は6件目。