横浜市の公園造成現場で25日に60代の男性作業員が重機ごと貯油タンクに転落したとみられる事故で、28日午前10時45分ごろ、タンク内で重機が見つかった。消防隊員が内部に下り、作業員の捜索に当たる。

 市消防局によると、タンク内にたまった雨水(約1万立方メートル)の排水作業を26日夜から開始。水位が下がり、水面から重機の一部が見えたという。

 事故は25日午後4時15分ごろ判明。重機を操作して土砂を仮置きしていた作業員が見当たらないことに、土砂を運搬していたダンプカーの運転手が気付き、工事関係者を通じて119番した。