JR北海道と東急が期間限定で共同運行する豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」が28日、道内観光地を周遊するため、JR札幌駅を出発した。

 列車は3泊4日で十勝や知床を巡る。座席の間隔を空けるなど新型コロナウイルスの感染防止対策を取り、車内では北海道の食材を使った食事を提供。ツアー客は降車地でバスに乗り換えて観光し、地元のホテルなどに宿泊する。

 北海道の鈴木直道知事はJR札幌駅で開かれた出発式で「コロナ禍で大変厳しい北海道の観光の大きな一歩になってほしい」とあいさつした。乗客は列車が出発すると、車内からホームに向け手を振っていた。