新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される秋冬に備え、大阪府が重症化しやすい高齢者らを対象に、インフルエンザの予防接種費用の無償化を検討していることが28日、分かった。インフルエンザの重症患者発生を抑制し、新型コロナ対応に注力しやすくする狙い。

 府感染症対策課によると、無償化の対象は予防接種法に基づく定期接種を受けられる65歳以上の高齢者や、60~64歳で心臓や呼吸器などに障害がある人とする方向で調整している。

 定期接種は市町村が費用の大部分を負担しており、個人の負担は千円程度だが、府はさらに公費を投じて負担をゼロにする考え。