【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩朝鮮労働党委員長が南西部の黄海南道で台風8号による被害状況を視察し、農作物への被害を最小限にとどめるため党組織を動員して復旧に当たるよう指示したと伝えた。日時は伝えていないが、27日とみられる。

 台風通過直後の視察は、国民の安全や生活を重視する姿勢をアピールする狙いがありそうだ。党機関紙、労働新聞は農地を見て回る金氏の写真を掲載した。趙甬元党第1副部長が同行した。

 金氏は被害が予想より小さく幸いだと指摘。自然災害への国家的な危機対処能力が大いに改善されていると評価した。