JR東海の金子慎社長は27日、東京都内での定例記者会見で、リニア中央新幹線の静岡工区を巡る国土交通省の有識者会議について「いろいろな指摘や意見があり、できる限り対応したい」と述べた。静岡県が議論の前提となるJR東海のデータの問題点を指摘し、会議がJR東海に追加の検討を行うよう指示していた。

 議論が長引きかねないが、金子氏は「地域の心配を払拭する狙いで、しっかりとした議論をするのに必要な時間だ」と話した。改めて東京・品川―名古屋間の2027年の開業は困難との認識を示した。