俳優の小栗旬が東京都内で開かれた「三井住友カード プラチナプリファード」の新CM発表会に登場した。

 椅子に座って自分の思いを矢継ぎ早に語るビジネスマン役の小栗。これまでのシリーズで演じた「お金って何だろうと探している旅人のようなキャラクター」(小栗)からがらりと変わった役どころだ。「一人でひたすらしゃべり続けた。自分の心地よいテンポでやると、もう少し巻いて(速くして)と言われるので大変だった」

 キャッシュレス化の波に乗り、自身も現金を持つ機会が減ったという。「キャッシュが必要なところで、『やべえ、(現金を)入れてなかった』ということもある」と笑った。

 ポイントの還元率が高い、新しいタイプのプラチナカード「プラチナプリファード」は白か黒の2色から選べる。小栗はシンプルな見た目を「デザインが格好良い」と評価し「どっちの色にするか悩んじゃいそう」と話した。