米シニアゴルフのチャンピオンズツアー、チャールズシュワブ・シリーズは26日、ミズーリ州リッジデールのオザークス・ナショナルGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、シニアのデビュー戦だった50歳のフィル・ミケルソン(米国)が66で回って通算22アンダー、191で優勝した。賞金45万ドル(約4770万円)を獲得。

 ミケルソンはメジャーの全米オープン選手権(9月17日開幕)に向けた調整の一環としてシニア戦に出場。「ここでのプレーを本当に楽しんだ」と述べた。(共同)