ホンダは27日、新型の電気自動車(EV)「Honda e(ホンダイー)」を10月30日に日本で発売すると発表した。EVの量産モデルはホンダとして初めて。小型車で街乗りに適した軽快な走りが特徴だ。自動で駐車する機能を備え、スマートフォンを鍵の代わりに使えるなど先端の技術を詰め込んだ。

 希望小売価格は標準モデルが451万円、上位モデルは495万円からで、国や自治体から計数十万円の補助金が出る。日本では年間千台の販売を目指す。欧州では今月に発売しており、年間1万台の販売を見込む。

 外観は円形のヘッドライトと丸みを帯びたボディーで親しみやすいデザインにした。