藤田医大(愛知県豊明市)は26日、人体に影響がないとされる低濃度のオゾンでも、新型コロナウイルスの感染力を低下させられることを確認したと発表した。ウェブ上で記者会見した湯沢由紀夫病院長は「院内感染のリスクを減らす効果が期待できる」と話した。9月初旬から、大学病院の発熱外来などで低濃度オゾンによる感染対策を始める。

 研究チームによると、低濃度オゾンはインフルエンザウイルスや緑膿菌などの感染力を抑える効果があり、救急車でも使われている。新型コロナには、高濃度オゾンの効果が確認されている。