26日午前9時ごろ、国会議事堂や霞が関の官庁街に近い東京都千代田区永田町1丁目の道路脇で、60~70代とみられる男性が首から血を流して倒れているのを通行人が発見し、通報した。男性はその場で死亡が確認された。警視庁麹町署は身元確認を進め、争った形跡がないことなどから自殺とみて調べている。

 麹町署によると、男性はシャツに長ズボン、ジャケットを着用し、首の辺りに刺し傷があった。複数の封筒を持っており、付近で包丁2本が見つかった。

 現場は、国会や官庁街の近くにある公園に沿った道路脇の植え込み。