厚生労働省の専門部会は26日、新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、インフルエンザワクチン接種を高齢者や子どもから優先的に受けてもらう案を了承した。原則として、65歳以上の希望者には10月前半からの接種を呼び掛ける。10月後半以降は医療従事者や基礎疾患がある人、妊婦、小学校低学年までの子どもも対象にする。

 インフルエンザは新型コロナと症状の見分けがつきにくい。感染を警戒して接種の希望者が増えると見込まれることから、厚労省は混乱を避けるために、優先接種の対象を決める必要があると判断した。法的な強制力はなく、自治体など連携し、協力を呼び掛けていく。