小泉進次郎環境相は26日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングなど衣料品関連企業との意見交換会に出席し、売れ残り商品が大量廃棄される現状の見直しを求めた。「作られた服の半分は一度も着られずに捨てられる。こんな状況を放置して良いわけがない」と述べた。

 衣料品を巡っては、製造過程で大量の汚染水や二酸化炭素(CO2)が生じる上、売れ残り商品の多くを未使用のまま処分する企業もある。

 参加した東レや衣料品大手のH&Mジャパンなどは、省エネ素材の導入やリサイクルの徹底などに取り組んでいることを説明した。