【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は25日、モスクワでビーガン米国務副長官と会談し、大統領選を巡る混乱が続くベラルーシ情勢について協議した。ラブロフ氏は会談後に政府系テレビで、米国側はベラルーシ政権と反政権側の対話促進に向け国外の第三者が寄与すべきだと主張し、ロシア側もそうした取り組みを支持したと語った。

 一方でラブロフ氏は、選挙で2位だった反政権派の女性候補チハノフスカヤ氏が再選挙による政権交代を目指すために設立した調整協議会が「どれくらい合法的と言えるのか問題は少なくない」と指摘、対話の参加者を決めるのはベラルーシ国民だとした。