【ニューヨーク共同】米中西部ウィスコンシン州ケノーシャで23日に黒人男性ジェーコブ・ブレークさん(29)が警官に背後から銃撃された事件で、ブレークさんの代理人は25日、ブレークさんの下半身がまひしていることを明らかにした。米メディアが伝えた。

 ケノーシャでは24日夜から25日未明にかけ、前日夜に続いて抗議デモ参加者の一部が暴徒化。建物への放火や商店からの略奪が起き、警官隊は鎮圧のため催涙ガスなどを使用した。

 エバーズ州知事は25日、非常事態を宣言。治安維持に当たる州兵を増員し、混乱の収拾に全力を挙げる姿勢を示した。