【ニューヨーク共同】米国伝統の自動車レース、第104回インディアナポリス500マイル(インディ500)で3年ぶり2度目の優勝を果たした佐藤琢磨(ホンダ)が25日、オンラインで記者会見し「(新型コロナウイルスの)パンデミックの中で明るいニュースを届けられた。とてもうれしい。その一言しかない」と笑顔で語った。

 インディカー・シリーズ49勝のスコット・ディクソンを逆転して逃げ切った展開を「ほぼ理想に近い。余裕を持ってレースを運べた」と自賛。20人目の複数回優勝者となり「偉大なドライバーたちの中に自分が入るなんて夢にも思っていなかった」と実感を込めた。