【ローマ共同】欧州歴訪を開始した中国の王毅国務委員兼外相は25日、イタリアを訪問しディマイオ外相と会談した。新型コロナウイルス対策での連携を確認。米国による中国の影響力排除の姿勢が鮮明になる中、経済的な結び付きの強いイタリアへの働き掛けを加速させる狙いとみられる。

 両外相は会談後に共同記者会見し、ディマイオ氏は香港情勢に関し「高いレベルでの自治と自由の保護は不可欠だ」と述べ、今後の展開を注視していくと強調した。

 王氏はイタリアの後、オランダやノルウェー、フランス、ドイツも歴訪し結束をアピールする。