大阪府は25日、119人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染が確認されていた50~90代の男女3人が死亡した。府内の感染確認は8020人になった。重症者は前日より5人増え72人に。16日と同様、過去最多となった。重症病床使用率は38・3%。

 119人のうち感染経路不明は76人。新規感染疑いに対する検査は2589件実施され、陽性率は4・6%だった。府は高齢の重症者が増えているとして、日常的に接する家族、高齢者施設や医療機関の職員に対し、感染リスクの高い環境を避けるよう呼び掛けている。