新型コロナウイルスの影響で延期されなければ東京パラリンピックが開幕する予定だった25日、義足の女性たちをモデルに起用したファッションショー「切断ヴィーナス」がJR山手線の高輪ゲートウェイ駅からライブ配信限定で行われ、陸上女子でパラリンピック代表に内定している前川楓選手(チームKAITEKI)らがランウェーをはつらつと走った。

 プロデュースした義肢装具士の臼井二美男さんは「ステージで笑顔になれる、おしゃれになれる喜びを感じてほしい」。前川選手は白いドレス姿でも登場し、笑顔を見せた。