5月1日時点で大学の学部に在籍する学生は前年度より1万4752人多い262万3900人で、このうち女子学生は45・5%を占める119万3537人となり、いずれも過去最多を更新したことが25日、文部科学省が公表した2020年度学校基本調査(速報値)で分かった。

 学部に限らず大学に所属する学生のうち、社会人の聴講生や特定科目だけの履修生を含む「その他」については、前年度より1万6350人少ない3万2996人となり、大幅に減少。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大学の休校が続き、聴講生などの募集が縮小した可能性がある。