Jリーグは25日、クラブの代表者による実行委員会をオンラインで開き、9月末まで観客を5千人以下とする制限の継続を決めた。会場で9月中は引き続きアルコール飲料を販売しない。

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が24日に、イベントの人数上限を5千人とする期間を9月末まで延長したため、Jリーグも方針に従った。

 リーグ戦再開後の状況を踏まえ、新型コロナの対応ガイドラインを一部改定した。観戦時の応援で禁じていた手拍子は感染リスクが低いと判断され、9月7日から容認する。声を出す応援やハイタッチなどは、これまで通り禁止とする。