自民党の岸田文雄政調会長は25日、東京都内で講演し「ポスト安倍」への意欲を改めて示した。安倍晋三首相の後継が衆院選に臨んだ場合、議席維持は難しいとの出席者の指摘に「貧乏くじだろうが何だろうが、そんなことでひるんでは安倍首相の次を担うという大きな目標にたどり着けない。どんな状況でも『自分はやる』との強い覚悟を持つ」と語った。

 9月にも想定される内閣改造・自民党役員人事を巡り、幹事長就任への思いを問われると「大きな目標に資するポジションを得たい」と述べた。

 憲法改正にも触れ、首相に就いた場合は、党の改憲4項目を中心に議論を進める考えを重ねて強調した。