衆院は25日、立憲民主党の武内則男衆院議員(比例四国)の30代男性秘書が新型コロナウイルスに感染したと発表した。武内氏の事務所によると、この秘書と武内氏や議員会館に勤める他の職員が最後に接触したのは13日で、いずれも濃厚接触者に当たらないという。

 男性秘書は14日からお盆休みに入り、17日ごろに発熱。24日にPCR検査を受け、25日に陽性と判明した。自宅で療養している。