フェンシング男子エペで東京五輪代表を確実にしている山田優(自衛隊)が25日、自身の会員制交流サイト(SNS)で5月中旬に椎間板ヘルニアの手術を受けたことを明らかにした。手術後の状態が万全ではないとして、9月の全日本選手権は欠場する。

 26歳の山田は「このタイミングで手術をしたのは来年のオリンピックのためです。そこまでには必ず100パーセントのパフォーマンスをみせられるように頑張ります」としている。

 山田は昨年のアジア選手権や全日本選手権を制し、今年3月の国際試合グランプリ大会でも初優勝し、日本のエース格の存在となった。