東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに182人報告されたと発表した。24日は約1カ月半ぶりの2桁となる95人だったが、再び3桁の水準に戻った。累計は1万9610人となった。入院患者は前日より68人減の1564人で、うち重症者は4人減の34人。70代の男女2人の死亡も確認され、累計は354人となった。

 新規感染者のうち経路が不明なのは114人だった。20代は49人、30代は33人で、合わせて全体の45%。40代が33人、50代が25人に上った。都の担当者は「40代と50代が増えており、この世代は感染経路が把握しづらい」と話した。