タレントの関根勤、麻里親子が東京都内で開かれたマスクの新商品発表会に登場した。鼻の部分が盛り上がった形状で、勤は「鼻が高くなったような錯覚があって、トム・クルーズになった感じ」とご満悦だった。

 新商品はフィルターメーカーのヤマシンフィルタ(横浜市)が開発した「ヤマシン・フィルタマスク ゼクシード」。父と共にクイズ形式でマスクの正しい着け方や外したときの置き方などを教わった麻里は「毎日使っているが、扱い方がいかに大事かということを改めて学んだ」と話した。

 新型コロナウイルス対策で、勤は麻里の4歳の長女と携帯のテレビ電話機能を使ってコミュニケーションを取っているという。「朝から『今何しているの?』とかかってくる」とうれしそうな勤に、麻里は「テレビ電話中に(長女が)面白がって写真を撮るので、しょっちゅう消さないと携帯が父の大量の写真で埋め尽くされる。早速、今朝も消去してきた」と笑わせた。