新型コロナウイルス感染者に対する差別を防ぐため、萩生田光一文部科学相は25日、子どもや教職員、保護者に差別へ同調しないよう呼び掛けるメッセージを都道府県教育委員会などに向けて出した。

 メッセージは、感染者を責めるのではなく、励ますことが大切だと指摘。教職員には、子どもが誤った情報に惑わされないよう指導することを求めている。保護者に対しても、学校などを特定して非難する行為を見かけた際、やめるように声を上げてほしいとしている。

 感染者への差別を巡っては、クラスターが発生した立正大淞南高(松江市)の生徒の写真がインターネットに出回る問題が発生した。