強い台風8号は25日、九州沖の東シナ海を北寄りに進んだ。九州の東シナ海側、沖縄・奄美は強い風が続き、しける所がありそうだ。台風の北上に伴って西日本に南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、山陰や九州北部などの各地で今年一番の暑さとなった。

 また、暖かく湿った空気の影響で四国は26日夜遅くから27日にかけて太平洋側を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は土砂災害、浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、九州北部で26日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は18m(30m)、27日にかけて予想される波の高さは6m。