【モスクワ共同】ベラルーシ大統領選でのルカシェンコ大統領の6選は不正だと主張している反体制派で2位だったチハノフスカヤ氏は24日、滞在先のリトアニアでビーガン米国務副長官と会談した。ビーガン氏は会談後、ベラルーシの将来は国民が決めることだと述べ、内政に介入しない姿勢を示した。インタファクス通信などが報じた。

 ビーガン氏はベラルーシ政府に政治犯の釈放を呼び掛けたほか、ロシア軍がベラルーシに軍事介入する兆候もないと述べた。同氏は25日からロシアを訪問し、ラブロフ外相とベラルーシや北朝鮮情勢について協議する。