NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために運用しているツイッター「1945ひろしまタイムライン」の投稿の一部が在日コリアン差別をあおっていると批判を受けた問題で、同局は24日「配慮が不十分だった」「ご迷惑をおかけしたことをおわびする」などと謝罪する内容の文章をホームページに掲載した。

 ツイッターは「もし75年前にSNS(会員制交流サイト)があったら」との設定で、原爆投下の前後に書かれた被爆者らの日記などを基に、3月から投稿を続けている。

 問題となったのは、当時中学1年生の少年の投稿として6月16日と8月20日に記された文章。